消費者金融のブラックリスト

消費者金融のブラックリストは業界では存在しません。
ただクレジットカードやローンを組んだときに顧客情報が信用情報機関に登録されるのです。
この情報をブラック情報と言い、いわゆる一般的に言われているブラックリストのこととなります。
このブラックリストに載るということは、事故情報に残るということなのです。

では事故情報に載るのはどういうときなのしょう。
例えばクレジットカードを申し込んだけど審査が通らなかったときなどは、事故情報に登録されている可能性があります。
例えば過去に返済の延滞が3回以上あったことはないでしょうか。
また長期延滞や債務整理の手続をしたことはないでしょうか。

このようなことによって、信用を損ねたということで信用情報機関に登録されます。
そうなると消費者金融や銀行などにすべて回ってしまうので、どこで借りようと思ってもブラックリストに載っていることが分かるのでローンは難しくなります。

延滞というのは返済日より一定期間返済が遅れたり、3回以上滞った場合のことを言います。
また債務整理とは民事再生、自己破産、任意整理などの手続をした場合のことを言うのです。
そして代位弁済というのは、契約者が返済不能となり連帯保証人などからの返済に切り替わったときのことを言います。

これらがあると事故情報に登録されると考えられます。
この場合は新規の借り入れは難しくなります。
また短期間の間に3つ以上の金融機関での借り入れをすると、借り回しということに判断されて借りられなくなります。
これは事故情報ではないので、3~6カ月で消えるため、その後また3カ所から借りることはできるようになります。



○Recommend Site
カードローンの契約ならキャッシングの比較ができるこちらのサイトが参考になります → キャッシング 比較

Copyright © 2014 消費者金融のブラックリストって本当にあるの? All Rights Reserved.